2010年03月19日

著作権抗争:YouTube vs Viacom 継続中

TechCrunchより

YouTube、Viacomが自作自演と主張―「自分で密かに
番組をアップした後でわれわれを訴えた」



今更なのではあるが、バイアコムとYouTubeの係争中の案件での新事実が公表された
ようだ。

バイアコムは、YouTubeに対する損害賠償起訴を起こす前から、同社に対する買収
申し出を行っており、YouTubeのもつビデオ共有システムに対する利用価値は認めて
いた(と言うよりは利用していたのだ)。

筆者自身も音楽業界に席をおき、動画配信サービスを手がけた事もあり、そもそも
音楽業界からYouTubeに対する著作権侵害の削除依頼と言うものは、かなりの部分で
自作自演と言う認識でいた。

もちろん、組織的な関わりがあったかは確証が持てないが、現に音楽レーベルのプロ
モーション担当者は、自分の担当するアーティストのPVを自分でアーティストのビデ
オをYouTubeにアップロードしていたし、そして更に自社の著作権担当者からグーグル
に対して削除依頼を行っていたようだ。

いつになっても行方の見えない抗争。これでは、バイアコムのデジタル戦略は数年前
から止まったままだ。バイアコムは、日本国内で展開するMTV、ニコロデオン以外に
も、VH1、Comedy Central、Spike、Gametrailersといった魅力的なコンテンツ資産を
保有している。しかし、このグーグルとの係争中の案件が落ち着くまでは、新たな
デジタル戦略には踏み込めないのではないかと懸念している。
posted by ゼブラ at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。