2009年05月23日

ユニクロのキャンペーンモデル

今朝の新聞を見てビックリ。ユニクロの全段広告で、なんとアギネス・ディーンがキャンペーンモデル。

アギネスと言えば、エル・ジャポンでも表紙を飾るイギリスのスーパーモデル。パリやミラノのコレクションでも、アナスイやヴェルサーチ、D&Gといったブランドのモデルを務めてます。

そしてユニクロと言えば、日本が世界に誇るスーパーカジュアルブランド。この不景気な時期にも業績を伸ばし、海外への進出にも熱心。

元々、CMに藤原紀香といったモデル出身のタレントを起用したり、有名クリエーターを使ったWebのキャンペーンなど、凝った宣伝手法好きなユニクロですが、ある意味今回のキャンペーンは、一流モデルを起用するという、捻りのない直球型。

とは言え、モード誌に興味の無い女性にとっては、アギネスも只の外人モデルかもしれません。モード誌ファン(ファッションヴィクティム)にとっては「ユニクロなんて・・・・・・・」。
しかし、その辺がユニクロの狙いなのではないでしょうか?

込められたメッセージは、「モードが好きな皆さん、こっちの方が現実的ですよ」では?

ユニクロ、ザラH&Mhttp://www.forever21.co.jp/といったファーストファッションは業績を伸ばしています。日本のしまむらだって凄いです。

先日も電通総研の方にお話しを伺いましたが、時代は変わり、若者はハイファッションに価値を見いださなくなった。かといって、ブランドの価値を認めていない訳でなく、バッグ、時計、靴といったものに対してはブランドへの投資も肯定的。ただ、ファッション(アパレル)については、流行廃りが激しいので、あまりお金を掛けなくなってきている傾向があるとか。

ん〜時代は変わったと思います。学生時代に、マルイのスパークリングセールに並んだり、BIGIのスタジャンを買うために発売日に並んだりした時代は、もう来ないのか?
posted by ゼブラ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

まるで、NECのPC98のシェアみたいだ!

皆さんは、PCのブラウザは何を使っているだろうか?

当然、圧倒的なシェアはIEで、ここ数年はFireFoxやSafariのシェアが拡大している。そして昨年リリースされたGoogle Chromeといったところだろう。

かつては、Netscapeが圧倒的なシェアを誇り、その牙城を崩すために、マイクロソフトはOSにバンドルしたり、そして欧州連合からバンドルに対する起訴を起こされたりという歴史がある。

IEの独占状態が崩れつつある国内Webブラウザシェア

Jストリームの調査によると、ブラウザのシェアにも大きな動きが出ているようで、IEのシェアは大きく減少し始めている。この動きは、かつて国内のPC台数シェアで圧倒的な強さを誇ったNECのPC98を彷彿させる。当時、最大シェアを誇るコンパック(デルだったかも)ですら、米国市場の13%程度のシェアだったが、日本では7割近くがPC98という時代があった。

かくいう私は、最近はChromeがメインですね。仕事の関係で(重くて嫌いだが)IEをメインにFireFoxも使っていましたが、ここ数ヶ月は完全にChromeに嵌っています。正直、使いやすいです。

特に気にいっているのは、タブブラウザのタブをドラッグ&ドロップして新しいウインドウを開けるところです。2つのウインドウを比較したいときに便利です。また、逆の動作も可能で、複数開いているウインドウを重ねていくと、一つのウインドウ内でタブ展開に出来る。この機能便利です。
posted by ゼブラ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

出版社サイトの3割には検索機能がない!

国内の出版社サイトの3割以上に「検索機能がない」、出版社専用のWebサイト管理システムが登場

やはり、これが現実なのですよね、日本の出版社の。

出版社内でも、色々とステークホルダーが多いせいで、本当にあるべき機能やコンテンツがサイト上に取り込めない事も多いです。私の経験でも、某ビジネス系のポータルでTOPページのリニューアルを頑なに拒む編集長がいました。

営業的には、どうにかしないといかんので、私の上司がなんでそこまで非協力的なのかを訪ねると、編集長は逆ギレして、「TOPをいじるのは、大変なんですよ。色んな人が既得権益を主張するんだからさ。ホント、オレはやりたくない!!」。まあ、編集長とは言えども、若手。諸先輩方から、いろいろな形でねじ込まれたりする関係で、TOPページだけはいじりたくないとのこと。

この辺は、旧来のメディア企業がデジタルビジネスを推進する上での障壁ですかね。

これを解決するためには、全体図を把握できるマネージメントが必要。そして、望むらくはそのマネージメントが、旧来型メディアとWebメディアの特性を理解すること。

なかなか、そんなマネージメントいないか?まあ、今の30代終盤から40代くらいですかね、その辺を理解出来そうなのは。
posted by ゼブラ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。